謀略の街 体験版

■背景家族
■吉里吉里2
■アドベンチャー
■全年齢(?)
■100円
http://bgfamilly.sakura.ne.jp/

                                 (2009.04.11)
▼あらすじ
 新学期を迎え、幼なじみの葵や後輩たちと新しい生活に入ろうとしていた矢先、バイト先がつぶれてしまう。幸い、新たなバイトを紹介してもらえることになり、早速訪れてみると、歓迎会と称する宴会に巻き込まれ記憶を失うほど酒を飲まされてしまう。
 翌日、二日酔いに悩まされながら登校すると、頭の中にバイト先の店長の声が響いてくる。突然のことに困惑するが、なし崩し的に店長の指示で謎めいた何かと戦うはめになってしまうのだった……。
▼概要・システム
 新学期早々バイト先がつぶれ、紹介された新しいバイト先で改造されてしまい、謎めいた何かと戦うことになってしまう少年を描いたアドベンチャー。一応SFなのか? それとも伝奇? はたまたジュブナイルあたりと考えておくべきなのかな?
 システムは吉里吉里2。基本的なシステムはデフォルトのママっぽいが、ゲーム中右クリックで表示されるオプション画面にはちょっと気合いが入っている。シンプルなオプション画面のデザインは嫌いじゃないが、分かりにくいのが難点。例えば文字表示スピードは1から4の4段階(これにプラスして「ページ末まで一気に表示」がある)あるのだが、1と4とではどちらが早く表示できるかが分からない。早さを数字で表現するのは悪くないのだが、早いのか遅いのか間で視覚的に見て分かるようにした方がいいと思う。また、その他に項目のチェックボックスもあるのだが、バックが黒でチェックも黒なのでチェックできたのかどうか非常に分かりにくい。製作した本人たちだけでなく、初見の人にも分かりやすい色や表現にすべきだと思う。それに加えて、一部機能が未実装だったり、バグがあったり、実行するとエラーで強制停止したりするので、もうちょっとデバッグしてから実装して欲しいところも多々ある。
 テキストの表示形態は、画面下部のウィンドウ内に文字が表示されるアドベンチャーゲーム形式。3ラインまで表示できるタイプで、一番上は独白や状況説明の場合は空白、他のキャラクターが話している時はそのキャラクターの名前が入る。ウィンドウの構成自体に問題はないのですが、ミスなのかバグなのか2ライン目の文字がウィンドウを越えてしまい、3ライン目の文章と繋がらないところがかなりある。とりあえずはこの辺を直すべきかと。総プレイ時間は20分ぐらいかな。
▼シナリオ・テキスト
 基本的に会話のノリで進んでいくタイプ。それほど面白いわけではないため、淡々と作業的に読んでしまっているが、一つ重大な問題があった。作中には「辻本このは」というキャラクターがいる。彼女が主語となる会話が数ヶ所あるのだが、「このはは三ヶ月も〜」「このはは言わなくても〜」という感じになってしまっていて、「こいつは何を言っているんだ?」という思いにとらわれてしまう。これはそのキャラクターが悪いというわけではないので名前を変えろとまではいいませんが、せめて読点ぐらいつけて読みやすさを優先して欲しいところです。
▼イラスト・グラフィック
 立ちグラフィックがあるのは、上記の2人とオカルト研究部員2人、あと謎の敵1人の計5人。……ヒロインと思われる幼なじみの葵は、赤点だけどまぁ許してもいい、かも。だが、このはとその他の4人、テメーらはだめだ(苦笑)。そう言い切ってしまっても後悔しないほどダメだと思う。おそらく時間がなくてというのが最大の理由だろうけど、それでもダメの誹りは免れない。キャラによっては、CG塗りがどうとか以前に、原画に色付けてそのままスキャンしたのでは? というものもある。
 背景は写真。エフェクトはかかっておらず、駅名など場所を特定されそうなところだけエフェクトが掛けられている。だが、ネット全盛の昨今、お店の名前やらビルの名前やらで簡単に場所が特定できてしまうため、それほど効果はない。バレバレです。個人的には場所が特定できないようにするのは鉄則だと思うのですが、最近はそういうこと考えないのだろうか。なお、背景が写真そのままでハッキリくっきりしているため、キャラクターが元のクオリティ以上にチープに見えてしまっていることを付け加えておきます。
▼サウンド・SE
 曲は全部で8曲ほどかな。他の部分に比べて、どれもそれほど悪くない。これらはすべてフリー素材のようです。SEは使われていません。
▼総評
 さすが体験版といった感じの体験版。が、ちょっとひどいところが多いので、興味を持ってもらうというよりも、引かせてしまう可能性の方が高そう。少なくとも、絵関係に期待を持つことは出来ない。サイトを見てもキャライラストが一枚も載ってないのが残念なところだ。
 ではシナリオ面ではどうかといえば、現状ではまだ本編の入り口手前なので、惹かれる要素を見いだすことはできない。店長から何と戦っているか、ぐらいの説明まで入っていればまだ判断の付けようがありますが、無い物をねだってもしょうがないというところ。サイトのストーリー紹介には吸血鬼がどうとか書いてあるので、街を狩り場にしようとする吸血鬼と戦う、ってな感じのお話になるのかしら? なお、体験版には吸血鬼の吸の字も出てきません。

 現状では、誰に対して勧めて良いかもよく分からない。というか、勧められないな、というのが正直なところ。今年の夏に完成するらしいので、その時目に付いたら手に取ってみる、というところでどうでしょうか、
 それとタイトルの「謀略の街」ですが、何がどう謀略なのかさっぱり分かりません。タイトルを見てフラフラ近づくと、思わぬ痛手を負う可能性があることを最後に伝えておきます。
戻る
inserted by FC2 system